1 名前:ばーど ★:2018/02/12(月) 18:37:09.86 ID:CAP_USER9.net

太陽光と陸上風力の発電コスト
https://nordot-res.cloudinary.com/ch/images/335686691838133345/origin_1.jpg


地球温暖化対策として拡大が期待される再生可能エネルギーの発電コストが2010年からの7年間で大幅に下がり、世界平均で太陽光は73%、陸上の風力は23%下落したとの報告書を、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)が12日までにまとめた。

 20年までに太陽光のコストはさらに半減する可能性があり、一部の太陽光と陸上風力は、火力発電より安くなると予測。アドナン・アミン事務局長は「再生エネへの転換は、環境への配慮というだけでなく、今や経済的な選択だ」と指摘した。

2018/2/12 16:38
共同通信
https://this.kiji.is/335685805128533089


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1518428229
10 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 18:39:39.80 ID:JzAc3QjS0.net

太陽光パネルを人件費が上がらない国で作る前提



80 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 19:08:28.74 ID:pB6lwowc0.net

>>10
日本の人件費は安いぞw


12 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 18:41:59.48 ID:HuClxJHg0.net

コスト下がっても機材が破損したら土壌汚染するんじゃなくて?

14 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 18:43:05.98 ID:ZM/TH5cU0.net

発電出力が上がらんと話しにならんわ

16 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 18:43:52.38 ID:QVcbIIb80.net

日本も再エネ賦課金を廃止する時期にきてるよね。

24 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 18:47:03.64 ID:c1nb+VWm0.net

蓄電コストが劇的に下がれば良い発電なんだけどね



29 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 18:49:08.30 ID:N7GfwEOc0.net

>>24
お前頭悪すぎ


34 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 18:50:26.78 ID:qnYiLour0.net

そのうち屋根の瓦型太陽光パネルが標準化する時代が来るんだろうなぁ。少なくとも屋内の電灯はそれで補えるようになる

39 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 18:52:36.47 ID:ovJsaHoL0.net

加トちゃんでペイするなら、ドリフがとっくにやってる。

64 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 19:03:43.82 ID:s4lFzbRr0.net

土地がないなら海に上で太陽光でもいいんだぜ?



71 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 19:06:39.29 ID:jPSzgFZi0.net

そうそう、だからFITなんてさっさと廃止してしまえ

85 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 19:10:01.94 ID:s4lFzbRr0.net

ドイツはまだしばらく褐炭使うだろ?

91 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 19:15:30.32 ID:pB6lwowc0.net

日本は経産省が間抜けだからこんなに賦課金が高い。文句を言うなら経産省にな。うまくやったら再エネの化石燃料輸入削減分考えると1兆以内に収まるはずだから。

115 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 19:26:23.24 ID:s4lFzbRr0.net

粗悪品でも安ければいいんだよ世界は

126 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 19:32:33.89 ID:hY0pUyjd0.net

頭のおかしい再エネ付加金とか言うクソ高い税金を今すぐやめろ。

141 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 19:42:47.75 ID:FtV+qZFw0.net

そのうち印刷でモジュールができる時代が来る。

154 名前:名無しさん@1周年:2018/02/12(月) 19:48:14.29 ID:E1Y86K9t0.net

73%下がっても火力発電より高いことはわかった


勝ち続ける意志力 (小学館101新書)
勝ち続ける意志力 (小学館101新書)