韓国全土を沈鬱な黒雲が覆っている。

「4月16日、韓国南西部の珍島付近で起こった大型旅客船セウォル号(定員921人)沈没事故が原因です。
事故発生から2週間近く経った時点で、死者、安否不明者は300人を超え、関係者の怒りや無念さは深まる一方です」(在ソウル通信社記者)

そんな中、沈没船を所有していた企業と乗務員たちの破廉恥な行動や、救助の指揮に当たった政府関係者の右往左往ぶりが次々と明るみに出て、
事故に遭った乗客や家族たちは怒りを募らせている。

「まず怒りを買ったのが、乗客を置き去りにして真っ先に逃げ出た船長と、全員"無傷"で逃げた機関士ら操船関係者たち。
あきれたことに、彼らは乗客の命の綱、救命ボートをほったらかしにして、我先にと逃げ出してしまったんです」(前同)

かたや、救助の指揮に当たった韓国政府も、乗客者数の把握に3日もかかったほか、
ダイバーが進入できていないにもかかわらず、「船内で捜索開始」と発表するデタラメぶり。

さらに、現地に赴いた安全行政省の幹部が、"記念撮影"をしようとしていたことが発覚。被害者家族らの大反発を招いた。
朴槿恵大統領は、すぐにこの幹部をクビにし、"逃げた"船長らを逮捕。「殺人罪に相当する」と糾弾してみせた。

現在、セウォル号を運航していた企業の幹部には出国禁止令が出され、当局の取調べを受けているというが、
政府の稚拙な対応への韓国国民の怒りが収まったわけではない。

「事故原因は操舵システムの不具合を放置したこと、船舶の建て増し工事や過積載がささやかれています。
この事故が"人災"の色を強めるにつれ、怒りは沸点に達しようとしています。

自国を礼賛することが多い韓国大手紙の『朝鮮日報』ですら、"先進国ではあり得ない大惨事"とか"韓国は三流国家だった"と
報じたのには驚きましたね」(全国紙外信部記者)

北朝鮮などはウェブサイト『わが民族同士』で、「事故の責任は全面的に無能な現政権にあり」と痛烈にアジってみせた。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1062868?news_ref=w_latest_pol
>>2


雑談力が上がる大事典
雑談力が上がる大事典