北海道新幹線、2030年度にも札幌へ 国交省、工期短縮を検討
(04/30 13:12)

自民、公明両党が、建設中の整備新幹線の開業時期を予定より少なくとも3~5年早めることを目指し、
国土交通省に財源の確保などの検討を求めていることが30日、分かった。北海道新幹線は、
新函館(仮称)―札幌間の工期を5年短縮し、最速2030年度の開業を想定。国交省は北陸新幹線を含め、
工期短縮に必要な財源を5千億円規模と見込み、JR各社が支払う施設使用料の前倒しや、国、
地元自治体の追加負担を充てる案を検討している。

北陸新幹線の金沢―敦賀間は3年短縮し、同22年度の開業を目指す。国交省は5月上旬にも開く
与党新幹線プロジェクトチーム(PT)の会合で、検討案を提示する意向。同PTの意見も踏まえながら、
財源確保に向けた財務省との議論を進める構え。

ソース: 北海道新聞 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/536462.html
関連スレッド:
【社会】JR北海道「東京―新函館(仮称)間を最短4時間10分で結ぶ。新幹線で」
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397657079/


マル暴刑事犯科帳 警察とヤクザの裏事情
マル暴刑事犯科帳 警察とヤクザの裏事情