日本でも根強い人気を誇る米SF映画「スター・ウォーズ」シリーズ。来年には新作「エピソード7」の
公開も予定されており、ファンの期待が高まっている。CS洋画専門チャンネル「ザ・シネマ」は
「スター・ウォーズの日」の5月4日、シリーズ6作や関連作品を一挙放送する。ところで、5月4日と
スター・ウォーズに、どんな関係があるのだろうか。

「スター・ウォーズの日」はジョージ・ルーカス監督の制作会社「ルーカスフィルム」も公認。米国では、
ファンを中心に、作品をたたえる日として徐々に定着しつつあるといい、日本でも先日、日本記念日協会が
記念日として認定した。
なぜ5月4日なのか。その理由は、劇中に登場する「May the force be with you(フォースとともに
あらんことを)」という名ぜりふの語呂合わせ。「May」を「5月」、「the force」を「the fourth=4日」と
かけたことが由来とされている。
米国では近年、記念日に会わせ、R2-D2などのキャラクターがお祝いムードを演出するルーカスフィルム
公認の特別映像が公開されている。また、今年は「ギーグ(日本でいうオタク)」たちのラブコメディードラマ
「ビッグバン★セオリー」で、「スター・ウォーズの日」を祝うため、キャラクターにふんそうした仲間が集まり…
といったエピソードが放送されるといい、フィクション同士のコラボレーションも始まっているようだ。(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。

ソース/産経新聞社
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140429/ent14042918000001-n1.htm


そこここ
そこここ