CMに関する調査を行うCM総合研究所は1日、2013年度の「企業別CM好感度ランキング」を発表。【ソフトバンクモバイル】が
全1945社中、視聴者の好感度が最も高い企業に選ばれた。お馴染みの「白戸家シリーズ」などが人気を牽引し、7年連続1位を獲得した。

 同社では、「白戸家」シリーズを中心に82作品を放送。堺雅人が“半沢直樹”を彷彿させる作品をはじめ、吉永小百合、笑福亭鶴瓶、
香川真司、ふなっしーといった多彩なキャストを起用し、視聴者の関心を集めて圧倒的な支持を獲得した。

 2位は、昨年に引き続き【サントリー食品】。「宇宙人ジョーンズ」シリーズの「ボス」、かわいらしい女の子の
“グリーンダカラちゃん”が出演する「グリーンダカラ」、病院を舞台に大森南朋、片岡愛之助、大久保佳代子が共演した“トクホ”の
『ボスグリーン』などユニークな作品で人気を博した。

 3位は、【KDDI】で前年度7位からTOP3内にランクアップ。剛力彩芽、きゃりーぱみゅぱみゅ、井川遥らが出演する「チャンネルau」シリーズが
支持を集めたほか、モーニング娘。’14と森三中のメンバーが“モリ娘。”を結成するCMも話題となった。

 そのほか、「TOYOTOWN」シリーズで、樹木希林、満島ひかり、木村拓哉など豪華キャストが集結する【トヨタ】が4位。【日本コカ・コーラ】は、
山田孝之が多数の職業人に扮する『ジョージア』、EXILE出演の『コカ・コーラ ゼロ』などが好評で、前年度16位から7位に上昇。
また、柳葉敏郎と妻夫木聡が上司と部下でコミカルなストーリーを展開する『ロト7』の【全国都道府県及び全指定都市】が、
前年度の32位から10位に大幅躍進した。
>>2以降に続く

ソース:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20140401/Oricon_2035834.html


地下舞台
地下舞台