「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(40)が、国会で「NHKに低俗なバラエティが目立つ」と取り上げられたことに反論している。
きのう25日(2014年3月)から衆院総務委員会でNHKの2014年度予算の審議が始まり、この中で「日本維新の会」の中田宏議員がこう質問した。

「NHKの番組が、ひとことで言うと低俗になっていないか。なんだこりゃという娯楽番組がいくつも並んでいる。
国民から受信料を徴収しているという自覚が疑われる。民放の真似をしすぎ」

そして、具体的に「ケータイ大喜利」「コント劇場」「七人のコント侍」の番組名をあげた。

これに対して田村はツイッターで、「テレビをよく知りもしない議員がNHKで低俗な番組を流すなだってさ…。
簡単に低俗番組と決めつけて流す意味がないだとさ」と噛みつき、「テレビを知らない人がテレビの演出に
とやかく言い出すと面白い番組なんか作れない」と主張している。

維新の会はNHK予算に反対の方針を決めている。(テレビウォッチ編集部)

ソース ジェイキャストニュース
http://www.j-cast.com/tv/2014/03/26200224.html


2014年! 中国と韓国、北朝鮮の動きが15分でわかる本
2014年! 中国と韓国、北朝鮮の動きが15分でわかる本