今回、週刊SPA!が20代~30代の女性に対して行ったアンケート(回答者数235人)では、
「夫や恋人が亡くなったら、彼の個人的なデジタル機器にアクセスする」と回答した女性は実に72%。
死人のプライバシーに触れるなんて、遺族といえども許されない!!と憤慨する男性もいるだろうが、彼女らが邪な狙いを持っているわけでは決してない。
「浮気していなかったか調べるため」という、戦慄の動機の持ち主はわずか4%。
圧倒的に多かったのは「故人が親しくしていた知人の連絡先を調べ、訃報を知らせるため」という目的であった。

「最近では、年賀状のやりとりもメールがほとんどなので、誰に訃報を知らせるべきか、パソコンを見ないとわからない」(33歳・主婦)などという意見を聞くと、ナルホドと納得せざるを得ない。

 そんな純粋な動機でパソコンを覗いただけなのに、予期せぬ●●な動画や××なメールが発見されたのでは、故人への心象が最悪になるのも致し方ないだろう。
妻や恋人が自分ひとりの胸に納めてくれればまだマシだが、恥というのは往々にして拡散されるもの。
では、どうすればいいのか? 
「デジタル終活」の具体的な対処法を知りたい方は3/25発売の週刊SPA!4月1日号「35歳から始める[デジタル終活]完全ガイド」を参考にしてほしい。 

週刊SPA! 3月25日 9時21分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140325-00607908-sspa-soci


誰でも60分以上スイスイ講演ができるコツ
誰でも60分以上スイスイ講演ができるコツ