1 名前:影のたけし軍団ρ ★@転載禁止:2014/03/17(月) 18:57:56.24 ID:???0

中国経済が明らかにおかしい。社債のデフォルト(債務不履行)や輸出の大幅減など異変を示す兆候が次々に現れ、
「影の銀行(シャドーバンキング)」発の金融危機や不動産バブル崩壊も現実味を増す。そうなると無事でいられないのが韓国だ。

中国への依存度が高いため、景気低迷が加速する。中国の習近平国家主席と韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領による
「反日連合」は共倒れとなってしまうのか。

「(金融商品のデフォルトについて)個別では避けられないものもある」。
中国の李克強首相は13日の全国人民代表大会(全人代)閉幕後の記者会見で明言したが、市場関係者はすでに「連鎖デフォルト危機」におびえている。

7日に太陽光パネルメーカーが社債デフォルト第1号となったが、変圧器メーカーの「天威保変」の社債も11日に売買停止となった。
次のデフォルト予備軍や“Xデー”もささやかれる。

経済の変調は、意外な商品の市況にも表れた。銅の市場価格が暴落したのだ。
中国は世界最大の銅の消費国だが、大半は工業製品には使われておらず、担保に入れたり売却するなどして資金を調達し、
高利回りの財テク商品「理財商品」などで運用していた。ところが社債デフォルトをきっかけに信用不安が台頭し、銅が市場で売り浴びせられた。

経済指標も危険な兆候を示す。2月の輸出統計が前年同月比で18・1%も減少、鉄鋼業の景気指数も悪化した。
こうした異変の背景には実体経済の減速に加え、中国の当局による意図的なバブル潰しの側面もある。

理財商品で調達された資金の多くは不動産投機に回ってきた。
これまで理財商品や社債発行企業の資金繰りが悪化すると、当局が救済してデフォルトを回避してきたが、
李首相の発言は、バブルを拡大させないためにデフォルト容認に舵を切ったことを示す。

しかし、日本の土地バブルや米国のリーマン・ショックをみても、バブルつぶしがソフトランディング(軟着陸)することは少ない。
巨大な信用不安や金融危機を招くリスクを市場は警戒している。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140317/frn1403171538006-n1.htm
>>2

2 名前:影のたけし軍団ρ ★@転載禁止:2014/03/17(月) 18:58:10.48 ID:???0

さらに、「バブルつぶしの一環として中国政府が企業向け補助金の打ち切りを決めた影響も大きい」と指摘するのは、
アジア経済に詳しい企業文化研究所理事長の勝又壽良氏だ。

「これまでの政府の補助金の額は国内総生産(GDP)の1割に相当する年間60兆円とも報じられており、
中国企業の業績はゲタどころか“竹馬”をはいた状態だった。補助金がなくなれば、
中国の経済成長率は一時的に3%まで下がると試算されている」というのだ。

勝又氏は、「このところ人民元が急落しているのは、補助金打ち切りに伴う輸出企業のショックを和らげようとする当局の狙いだろう。
しかし、人民元急落で海外の投資資金が一気に流出すれば、バブル崩壊の決定的な引き金になってしまう」と警鐘を鳴らす。

中国経済に火の手が上がり始めると、韓国への延焼も避けられない。
韓国の2013年の輸出総額に占める中国向けの比率は26・1%と過去最高を更新。輸出額の4分の1以上が中国向けという依存ぶりだ。
対中直接投資も前年から30%も増えている。

中国の輸出が大幅減となったことは、実は韓国にとっても死活問題だ。
というのも、韓国から中国への輸出品は、電子部品や素材などの中間財が多いため、中国の輸出が減るということは、韓国の輸出減にも直結してしまうのだ。

一方で、韓国と中国は家電などの製造業では競合関係でもある。
スマートフォン市場で、韓国の最大手、サムスン電子を猛烈に追い上げているのが、“東洋のアップル”の異名を取る中国の小米(シャオミ)だ。
韓国のネットメディア、ニュースウェイは「韓国と中国のスマホの技術格差は3~4年あったのが、1年に縮まった」と報じている。

前出の勝又氏はこう指摘する。

「中国は過剰輸出から脱却して内需重視にシフトする方針を明確にしており、その分が輸出需要から消える。
中国依存症の韓国には大きな痛手だ。にもかかわらず中国と一緒になって反日運動を続け、
日本との貿易や投資拡大の道をふさごうとする朴大統領の経済オンチぶりにはあきれるしかない」

中韓経済は沈むときも一緒ということか。


引用元:http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395050276

最強の投資家バフェット (日経ビジネス人文庫)
最強の投資家バフェット (日経ビジネス人文庫)